CRMotion 機能紹介

直感的な操作で人にやさしいインタフェース。企業ポータル機能により、現場力向上を実現します。

CRMotionの機能と操作画面

  • あらゆるVOCデータを一元管理。情報の連携機能により、強力に業務サポート。
  • リスクセンサー機能により異常を確認。安全・安心な対応をアシストします。
  • 2 Wayコミュニケーションにより、ポータルから全社へ同時に情報を配信。
  • 個人情報保護に配慮した万全のセキュリティ体制。
  • 報告書ならワンクリックで作成。業務を効率化する機能を標準で搭載。
  • 電話の音声をデジタル化する本格的CTI機能と連携。

機能一覧

CRMotionとCRMotionCOMPACTの機能一覧

あらゆるVOCデータを一元管理。情報の連携機能により、強力に業務サポート。

CRMotionは、電話・メール・ハガキなどあらゆるVOC履歴を一元化して管理。
また、各部門への対応を依頼する「承認ワークフロー機能」を標準で実装しています。
さらに圧倒的な表現力を持つ「新次元FAQ」や「商品DB・販売店DB」などが受付情報と連携し、お客さま接点業務を強力にサポートします。

リスクセンサー機能により異常を確認。安全・安心な対応をアシストします。

商品の異常やクレーム内容をチェックして迅速に連絡・対応することは、お客さま接点業務の中でも非常に重要です。
そのためには日次集計や入力後チェックだけでは十分とはいえません。
CRMotionでは値を入力した(受け付けた)時点でリスク要因を抽出。アラートを出すことで素早いアクションを促します。

2 Wayコミュニケーションにより、ポータルから全社へ同時に情報を配信。

お客さま接点業務の現場には、質問・相談・ご指摘以外に、商品やサービスへの改善やご要望が集まります。
CRMotionでは、これら幅広いVOCを単に集計・分析・報告するだけではなく、相互に意見交換のできるポータル環境で全社に配信することができます。
しかもその対応履歴を全社員が確認でき、VOCの活用を促します。

個人情報保護に配慮した万全のセキュリティ体制。

情報共有の上で懸念されるのが、個人情報保護の問題です。
CRMotionでは、それぞれの情報に対して閲覧権限レベルを設定でき、「どの顧客情報を誰がいつ閲覧したか」までその記録を保存できます。
さらにご指摘内容の原文とマスク処理したテキスト保存も可能とし、運用レベルでも高度なセキュア環境を保持します。

報告書ならワンクリックで作成。業務を効率化する機能を標準で搭載。

ミスの少ないオペレーション機能と使いやすいインタフェースに加え、業務を楽にする機能を搭載。
例えば定期的な「報告書作成」ならレポート機能のワンクリックだけで実行できます。
非定型的な集計や分析なら、強力な検索機能を活用、データ2次加工も実現するなど業務効率向上を超えた多くの機能があります。

電話の音声をデジタル化する本格的CTI機能と連携。

CRMotionは本格的なCTI機能を実装可能。
お客さまからの電話を取る前での「顧客履歴」表示、自動録音された音声は自動的に案件に紐付きます。
単独での聞き直しだけでなくモニタリング、さらにIVR※やACD※を組み合わせた機能で、安心の電話応対と短期間でのオペレータ教育を実現します。

※IVR…音声自動応答(Interactive Voice Rexponse)。
※ACD…コールセンターなどで、電話の着信をオペレータに適切に分配する機能や装置(Automatic Call Distribution)。

「CRMotion」のお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
03-5962-5170

担当:横治(よこじ) / 09:00~17:00(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせ
info@gnext.co.jp